CATEGORY

soccer-World

日本国外のサッカー関連

チャンピオンズ2023-2024は〝レアルマドリード〟

2023-2024チャンピオンズの勝者〝レアル・マドリー〟 前半戦は0vs0で得点すら入らなかったがドルトムントが押している感じだったが後半早々、配置を変え対応したのがレアルだった。 〝クロース〟の再三にわたるコーナkickにヘッドを合わせたのは〝カルバハル〟であった。このゴールも見納めであるクロースの来季の契約は結んでいないからである。 2点目は、ドルトムントのコール前でのパスミスをベリンバムが […]

U-23日本代表〝㊗パリ五輪〟おめでとう2

U-23日本代表MF「藤田譲瑠チマ」選手は攻守にわたりU-23日本を引っ張て来た裏へと抜け出そうとするFW「細谷真大」選手の動きを見逃さずピンポイントパス、 左サイドで粘ってキープしたDF「大畑歩夢」選手からパスをワンタッチでつなぎ、MF「荒木遼太郎」選手の追加点をお膳立て。 この後は〝ウズベキスタン〟代表との決勝戦、取りに行こうぜ

U-23日本代表〝㊗パリ五輪〟おめでとう

思い出せば初戦の中国戦、久留生選手の1点を一発レッドで一人少なくなった「小久保玲央ブライアン」選手が何とか守り切る。この後も韓国戦を考えればどうなったかわからないところ良く守り切った

U-23日本代表カタールに勝つ

結果を見れば4vs2延長で勝利だが課題は山積良かったのは前半1分5秒にMF山田楓喜(東京V)がボックス手前から強烈なミドルシュートを放ち、先制点落ち着きをもって進行するはずが、24分にカタールのアルヤジディがクロスを上げると、DFの関根大輝(柏)がアルラウィに競り負け、豪快なヘディングシュートを許して1-1の同点42分にカタールGKアブドゥラーの一発レッドで日本が数的優位になるも追加点を奪えずに同 […]

U-23 一発レッド! バルサも一発

日本時間4月16日/ジャシム・ビン・ハマド・スタジアムU-23日本代表 1-0 U-23中国代表戦、3位までがパリ五輪出場の大事な初戦にそれは起こった。 この日は、久留生のFASTシュートがたまたまGOALとなり幸先良い流れに気が強くなったのかボールとは直接関係ない所でのファール 審判は見ていなかったが、VAR介入で主審がOFRで確認した結果、西尾はレッドカードで退場!この後は久留生の棚ぼたの1点 […]

日本代表〝田中碧〟の1点、北朝鮮代表になんとか勝利

前半2分それは突然にやって来た田中碧からのコントロールショットが見事GOAL右上に決まった。 その後、再三のチャンスをものに出来ずに試合終了物足りない感がのこる気合であった 終盤にザイアンがゴールを決めらたかと思われたシーンがありこれは、ホイッスルに救われた。 田中碧選手のシュート決定率は断トツであり、他の日本代表にも分けてほしい

W杯予選北朝鮮戦メンバー発表、長友佑都&小川航基が電撃復帰

日本サッカー協会(JFA)は14日、北中米ワールドカップアジア2次予選2試合の日本代表メンバー26人を発表 ▽GK:前川黛也(神戸)・大迫敬介(広島)・鈴木彩艶(シントトロイデン) ▽DF:長友佑都(FC東京)谷口彰悟(アルラーヤン)板倉滉(ボルシアMG)渡辺剛(ゲント)町田浩樹(ロイヤル・ユニオン・サンジロワーズ)毎熊晟矢(C大阪)伊藤洋輝(シュツットガルト)橋岡大樹(ルートン・タウン)菅原由勢 […]

田中碧、1G1A現地メディアは最高評価田中碧、1G1A

3月15日に開催されたブンデスリーガ2部第26節で、4-0で快勝を収めた。6戦負けなしとしたデュッセルドルフは、暫定ながら3位に浮上 同僚の内野貴史は、負傷した選手に代わって左サイドバックに入る。するとピッチに立った3分後プロ初ゴールを決めて、チームメイトたちから祝福された。

デブライネは遠藤の「新たなペット」

遠藤が相手MFケビン・デ・ブライネを抑える模様を「遠藤の新たなペット」と題してコラージュ画像を公開し、さまざまな反応を呼んでいる。 遠藤は、アンカーとしてシティのベルギー代表MFデ・ブライネやポルトガル代表MFベルナルド・シウバといった世界最高峰の中盤選手と対峙し、“潰し屋”ぶりを発揮するだけでなく、巧みな縦パスでも存在感を発揮した。 デ・ブライネはこの日アシストを記録していただけに、後半24分に […]

バルセロナ、4季ぶり8強進出!

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・セカンドレグでバルセロナとナポリが対戦、バルセロナが3-1で勝利。2戦合計スコア4-2で準々決勝進出を決めた。 バルセロナは、前半開始直後から積極的な姿勢を見せ、15分にはU-21スペイン代表MFフェルミン・ロペス、17分にはポルトガル代表DFジョアン・カンセロのゴールで2点を先行 0分にはナポリに1点を返されてスタジアム内には不穏な空気が漂い始め […]

旗手レオ復帰マジカか

ASIAカップで負傷後、治療に専念していた旗手レオ選手の復帰が迫っているようだセルティックはインターナショナルウィーク後の31日にリヴィングストン戦を控えており、旗手はこの試合には復帰できる可能性があるようだ。

マクアリスタ-がPKエリア内で!?

後半アディショナルTimeが終わりごろリヴァプールのアルゼンチン代表MFアレクシス・マクアリスタ-がマンチェスター・シティのFWジェレミ・ドクにボックス内で前蹴りをくらい悶絶もノーファウルの判定 VARが介入したが、ノーファウル判定となった。〝マジカ〟〝どう考えてもPKやろw〟〝ボールが腕に!?〟 これで勝ち点1ずつプレミアリーグ首位攻防戦は3位だったアーセナルが勝ち点1差でトップに

遠藤航:攻守でMOM(マンオブマッチ)選出

90分+アディショナル、フルに活動するPremiereその中で最高峰と言われる場所での出来事である。 世界屈指の「6番」とも評されるシティMFロドリとマッチアップし、見事なボール奪取も見せていた遠藤。

R.ソシエダ vs エンバペ

エンバペのオンステージだった3/5(火)の深夜スピードが違う、シュートの正確性も流している所も 久保は中々調子が上がらずに時間だけが過ぎて行った 久保はどう考えているのか同じ人間とは思えない動き反射速度、止めはイガインのアシスト勝つためには5点が必要な状況に現実を見させられた。